危険な物?食品添加物を沢山摂取する日本人にデトックスが必要な訳!

健康観

危険な物だと思われている食品添加物を世界一沢山摂取する日本人にデトックスが必要だと思われる訳をお伝えします。

読者対象者は、今まで何も考えずに食べ物を食べてきた人ですが、考えて食べてきた方も読まれたら学びがあると思います。

理論だけでなく、サロンで実際に見た写真とか私が体験した写真もあるからです。

スポンサーリンク

危険な物?食品添加物を沢山摂取する日本人にデトックスが必要な訳!

「身体に悪いもの」というイメージを持つ人も多い食品添加物。しかしそれらは本当に危険なものなのでしょうか?

食品添加物の安全性や食品添加物が果たしている役割についてお偉い教授が教えてくださる内容を見て思いました。

なぜ食品添加物を嫌がるのか?

食品添加物とは

食品添加物というと、とても嫌がる人がいます。私もそうですが、そもそも食品添加物とはどんなものなのでしょうか。

食品衛生法では、「『食品添加物』とは食品の製造過程で、または食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和などの方法によって使用するもの」と定義されています。

以前の法律では、合成添加物だけが食品添加物に指定されていたのですが、現在では「天然」「合成」の区別なく食品添加物として認められています。

日本では、調味料、保存料、着色料などをまとめて食品添加物と呼んでいます。

勿論、安全性とその有効性を科学的に評価し、厚生労働大臣が認めたものだけが食品添加物として使用できるよう定められています。

もしも食品添加物がなかったら?

食品添加物の役割

食品添加物にはさまざまな役割があります。例えば、ゼリーやプリンなどのデザートにもおいしさを演出するために食品添加物が使われています。

香りをつける香料やぷるんとした食感をつくるゲル化剤、滑らかな舌触りをつくる安定剤など色や香り・食感を加える大切な役割を食品添加物が果たしています。

更に、食品を長持ちさせる働きも私たちの生活をより便利により豊かにするには欠かせない食品添加物の役割の一つです。

生鮮食品は日持ちがしません。このため、保存料や殺菌剤などの食品添加物によって食品を長持ちさせ、おいしくムダなく食べることができます。

例えば、お家で作った緑茶を冷蔵庫で保管したらどのくらいもつかご存知でしょうか?

3日ももたないと思います。直ぐに腐ってしまいます。それが、食品添加物の働きで自動販売機やコンビニで1ケ月でも腐らず販売されています。

では、食品添加物がなかったら私たちの生活はどうなるでしょうか。

食品添加物を上手に使用しないと生ものは直ぐに腐ってしまい食中毒の危険性が高まります。

また、食の安全が保てなくなってしまうだけでなく、毎日の食生活が味けなくなってしまいます。

私が考える食品添加物は「必要悪」

私が考える食品添加物は必要悪です。塩素殺菌された水道水の塩素と同じく必要悪です。

もしも塩素殺菌されていなかったら危険で到底水道水は飲めるものではなくなります。同様に食品添加物がなかったら食中毒の恐れがあり安心して食べることができなくなります。

水道水は蛇口をひねるまでは一番安全で安価な水だと言えると思います。

検査項目はペットボトルで売られている水の2倍だと言われています。

ですが、蛇口から出た水道水をそのまま飲んだらとても塩素(カルキ)臭くて飲めたものではありませんし、沸騰させたら発癌性物質であるというトリハロメタンの心配もあります。

沸騰させるとトリハロメタンの量は増えます。100℃でピークです。5分沸騰させ続けたらなくなるとか、15分沸騰させ続けたらなくなるとか、いやいや20分以上沸騰させないとなくならないとか主張はまちまちですが、そんなに沸騰させていたらお湯が蒸発してなくなってしまいます^_^; 

なので、塩素を除去する浄水器を付けたり、整水器を付けたりする必要があります。

同様に本来ならばコンビニで買い物したものを口に運ぶ前に添加物を除去する方法があれば、それに越したことはないと思うのですが、現在のところそれはできません。

但し、人間の身体の中には解毒器官である肝臓が一生懸命毒素を分解してくれて口から入るほとんどが分解されます。しかし、若干体内に残ってしまう毒もあるのも事実です。

勿論、1回食べたから悪いとは言えないと思います。問題がないから厚生労働省が認可したはずですから。

では、果たしてそれらの食品添加物をどんなに多く摂っても身体に害がないと言えるのでしょうか?

一つ一つの食品添加物はチリのようかも知れませんが、積もれば山となるのではないかと危惧する訳です。

ホントに食品添加物はシロ?

確かに食品手化物はクロではないと思います。厚生労働省で安全性を確かめて認可しているということですから、クロではないです。

だから、安直にシロだと言えるでしょうか?私にはグレーにしか見えません。

人々の恐怖を煽るようにクロだクロだと言うことはどうかと思いますが、逆に手放しでシロだシロだというのもどうかと思います。

グレーだと認識して食べることが大切だと思います。

そして、体内で分解できないものもあると認識すべきです。そうすれば、体内の毒だし(デトックス)が必要だと判断できるからです。

「食品添加物の摂取量の増加に伴い癌やアトピー性皮膚炎が増加している」という因果関係は確認されていませんが、大いに疑いの余地があると言う見方もあります。

食品として体内に入るものである以上、食品添加物は、人体に害のないもののみが使われるのが当然です。

しかし、実際には数々の危険性が指摘されていながら「少しなら大丈夫」という理由で使用が認められているのも少なくないのです。

それぞれの食品では極微量でも現在の食生活では多くの食品に食品添加物が使われていて、食習慣を誤ると身体に悪影響を与えてしまう可能性もあります。

食品添加物は直ぐに病気になるものではありませんが、徐々に私たちの身体に悪影響を与えている可能性があります。

特に、癌患者の皆さんは、発癌性のある食品添加物を控える必要があるのは言うまでもありません。

癌の元である活性酸素を引き起こす原因になっていると言われています。

東洋医学では、血液の汚れである於血(ドロドロ血、滞流血)があると言われています。煙突のススみたいに血管にへばりついていると言うのです。

実際に、私も吸い玉(カッピング)などを家族にしてもらうと水疱が沢山できます。その後身体がすっきりすることから間違いなく毒素が沢山排泄されることが理解できます。

加齢と共に水疱の量が増えて来ることから間違いなく老廃物(体内毒素)が私たちの身体の不調に関係していることが理解できます。

私は比較的食生活には気を付けてきた方ですが、そんな私でも加齢と共に不調が増えています。

これらの毒素がすべて食品添加物とは言いませんが、自己責任に委ねられている食の問題、一度真剣に考えてみる必要があると思います。

救急車で運ばれた女性へのカッピング

いつも整体を受けに来られるお客様でしたが、先週救急車で運ばれたということだったので、急遽カッピングを受けてもらうことにしました。

1回目の吸い玉の痕です。いや~すごいですね。真っ黒です。しかも全体的に黒いですね~。

やはり、於血が沢山で血液循環に問題があったのでしょうか?

1週間後の2回目の吸い玉の痕です。いや~これまたびっくり!きれいになっていますね。本人も大分楽になったとおっしゃっていました。

ちなみに、こちらは救急車で運ばれた女性のお母さまの吸い玉の痕です。同じ仕事をされています。結構出ていますね~。

いつもお母さまの方が元氣があるので同じように体内に毒素が溜まっていても疲労の度合いとか本人が自覚する体調には個人差があり、氣の多い人の方が比較的元氣であると言えるようです。

吸い玉の痕はなかなか消えません。

それがデメリットですが、比較的痕が早く消えてデトックス効果が期待できるものに、「かっさ」というものがあります。

かっさは脂肪層にもアプローチできるため、痩身効果も期待できます。

食品添加物まとめ

現代社会で安全で安心な食生活を楽しむためには、食品添加物を除去するのは不可能なことだと思います。

ですから、入ってくることを前提にいかに対処できるか、いかに排泄するかを考えた方が良いと思います。

つまり、日ごろから健康管理して肝臓や腎臓といった内臓機能を元氣に維持したり、デトックス(毒だし)を定期的に行い体内に毒素(老廃物)が蓄積した状態を作らないように努力する必要があると思います。

本当は、「身体に入れないのがベストだと思いますが、入ったらしっかり出すというのがベターなこと」だと思います。

飽食の時代には入れる健康法よりも出す健康法が重宝される理由でもあると思います。

最後に私がスーパーで真っ赤に加工された●●を購入して食べた時の話ですが、次の日両腕にアトピー性皮膚炎と同じような炎症がでました。

アトピーになるのは一瞬でしたが、消えるのに10カ月掛かりました(^^; 体内に毒素が溜まるとイボができたりもしますのでご注意ください。

おまけ1

植物は根酸を出して鉱物を溶かし栄養分(ミネラル)を吸収して体に蓄えます。では、人間では植物の根に該当する部位はどこでしょうか?

人間も胃酸を出して食べ物を溶かし栄養素を身体に摂り入れます。そして、腸から吸収します。つまり、植物の根に当たるのが五臓六腑なのです。

根がしっかりしていないと幹も枝葉も実も立派に結ばないと同様に人間は内臓がしっかりしてないと病気になってしまいます。

猫背で早死にした話は聞きませんが、内臓の機能低下は病気につながります。消化・吸収・解毒・分解・浄化・排泄などの内臓機能から五臓六腑は血を作る化学工場だと言えます。

目に見えないため軽視される傾向がありますが、実は目に見えないものほど価値はあるものです。身体の最小単位である細胞や毛細血管も、勿論目に見えませんが大切にすべきだと思います! 

植物の根に該当するのは人間では胃腸ですが、胃腸に化学物質である乳化剤、人工甘味料、トランスグルタミナーゼ、保存料、亜硫酸塩などの添加物を入れたらどうなると思いますか?

アイスクリーム、パン、乳製品に含まれる乳化剤には腸内粘膜破壊や大腸菌の増加、有益な細菌の減少から腸炎の発症の可能性が高まります。

様々な飲み物などに含まれている人工甘味料には有益な腸内細菌を減らし、肝機能の数値が高くなり栄養素吸収を妨げるリスクがあります。また、インスリン抵抗性になりやすく肥満の原因にもなります。

それから、食品改質剤(水産加工品、加工肉、麺、豆腐、小麦加工品など広く利用)として使われるトランスグルタミナーゼは、自己免疫疾患の引き金となる要因の可能性が挙げられています。

更に、保存料は腸内細菌叢の組成と機能を変化させ免疫系に影響を及ぼす可能性があります。そして、亜硫酸塩の摂取はビフィズス菌の減少をもたらします。

腸は第2の脳とも呼ばれ、とても大切な役目を持っていますが、化学物質である添加物は腸相を悪くしてしまい健康を害する方向に作用します。

農薬、化学肥料、添加物、薬など化学物質は身体にとっては異物になりますし、毒になりますので出来るだけ避けるように意識されてください。

おまけ2

経皮毒と言えば、鼻から入る「吸引」や口から入る「経口吸収」、皮膚から入る「経皮吸収」、粘膜から入る「粘膜吸収」の4ルートがあります。

鼻から入る毒には香水や香りつき洗濯洗剤・柔軟剤などの香料に含まれる香り成分などがあり「香害」と呼ばれます。

口から入る毒には農薬、残留洗剤、添加物(防腐剤、乳化剤、増粘剤、着色料、人工甘味料など)が考えられます。

皮膚から入る毒にはボディ石鹸、シャンプー、リンス、制汗剤に含まれるデオドラントという薬剤成分などが考えられます。

ここでデオドラントには塩化アルミニウムが含まれており、4年間制汗剤を使用していた女性の多くに高アルミニウム血症(正常値0.1〜0.3μMに対して約4μM、多い人は16μM)が認められました。

制汗剤を止めてから測定した結果では高アルミニウム血症は見られませんでした。

ちなみに、乳癌患者437人では制汗剤の使用頻度且つ脇の剃毛が乳癌発症と相関していたという報告があります。

また、アルミニウムはミトコンドリアのエネルギー産生を阻害し低下させたことも分かっています。

発汗剤の他にも日焼け止め、ローション、タバコフィルター、大豆調合乳、アルミニウムの調理器具、アルミ缶詰、ベーキングパウダー、一部の乳化剤、水道水、消臭剤、ワクチン、アスピリン、下痢止めなどにアルミニウムは含まれています。

だからと言ってアルミニウムに急性毒性がある訳ではないので油断しがちです。

アルミニウムは水銀やヒ素、鉛、カドミウムより毒性が低いのは確かですが、デトックスしないと体内に蓄積していくため、長期的に見たら疾患の原因になりやすいと言えます。

アルミニウムには神経毒性があり、見当識障害、認知症に関連することが認められています。母乳を介して胎児や乳幼児に移行しやすいので注意が必要です。

アルミニウムのデトックスにはマグネシウムやケイ素というミネラル補給が有効です。

拮抗作用を利用してデトックスします。既にアルミニウム血症と診断された方は信頼できるお医者様の指導の元、実践されてください!

タイトルとURLをコピーしました