自宅で簡単おいしい豆乳ヨーグルトのお勧めレシピ(最速の作り方)

サプリ・健康食品・栄養剤

自宅で簡単に最速で作れるとてもおいしい豆乳ヨーグルトのおすすめレシピ(作り方)をお伝えします。

読者対象は、便秘などでお腹周りが太っている人や肌トラブルで悩んでいらっしゃる方ですが、単にヨーグルトが好きだという方でも、読めば学びになると思います。

レシピだけでなく、どのようにしてレシピを発見したのかアイデアの作り方も紹介しているからです。

スポンサーリンク

自宅で簡単おいしい豆乳ヨーグルトのお勧めレシピ(最速の作り方)

今ではスーパーでも簡単に購入できるようになった豆乳ヨーグルトですが、5~6年前まではそんなに出回っていませんでした。

その当時に作ったレシピを公開します。お腹周りのダイエットが期待できるおいしいヨーグルトです。

はじめに

私が以前外国で知り合った社長さんが、全財産5,000万円を投資して開発したという「豆乳ヨーグルト」を飲んだことがありました。

それは、通常のヨーグルトの域を超えた沢山の栄養素を豊富に含んでいて、健康機能食品として発売しているものでした。

日本に戻った私は何とかして「豆乳ヨーグルト」が作れないものかと常々考えていましたが、「アイディアの作り方」を実践することで、遂に出会えました。

アイディアの作り方

アイディアの作り方という本を購入してびっくり、既に私が自然に実践している方法でした。

 

ですから、本のネタバレに少しなりますが方法をシェアします。

  • 複数の素材を集める
  • 素材をミックスする
  • 発酵熟成期間を持つ
  • 完成、アレンジする

以上ですが、これは「豆乳ヨーグルト」の作り方を見出すまでの過程でもぴったり一致します。

①とにかく、栄養成分が抜群に多く体に良いことを知っていた私は、ネットで検索したりして、既存の「豆乳ヨーグルト」について調べたり菌についての情報収集をしました。

②ヨーグルトメーカーなども調べたりして、頭の中に「豆乳ヨーグルト」を作るために必要そうな情報をまとめました。

③一旦、そのことを忘れて潜在意識の中で熟成させます。

④すると、1日一食という本の中で偶然を装った形で「豆乳ヨーグルト」の作り方を発見しました。

それは、土鍋で1分間豆乳と菌を混ぜるだけという方法でしたが、土鍋が手に入らず土鍋なしで挑戦するも失敗。菌を変えて再挑戦すると大成功しました。

結果的に、私が編み出した方法は土鍋もヨーグルトメーカーも使わない本当に簡単な方法です。

お客様にもお伝えしていますが、作られた方は口を揃えて「簡単だった」「おいしかった」と喜びの声を下さいます。

伝えて良かったと嬉しくなります。ということで、今から〝自宅で簡単美味しい豆乳ヨーグルトの作り方〟をお伝えします。

【ポイント】

  • 潜在意識を活用すると問題は解決される
  • 物も考えも発酵させるのがポイント
  • お金をかけるか手間暇かけるかの差

美容に効果が高い豆乳

美容に効果が高いと評判の豆乳を発酵させて、更にパワーアップしたのが豆乳ヨーグルト。美肌やダイエット効果が期待できます。

そして、豆乳を発酵させるために使う菌ですが、「ガセリ菌SP株入りヨーグルト」を使用します。

他の菌も試しましたが、このガセリ菌が最高に豆乳とマッチします。豆乳とガセリ菌SP株入りヨーグルトのシナジー効果で、ダイエットがより効果的になります。

自宅で簡単に作れる「美味しい豆乳ガセリ菌SP株入りヨーグルト」のレシピと一緒にご紹介します。

豆乳を飲むと痩せる理由

なぜ、豆乳を飲むと痩せるのかというと、豆乳の中に含まれている植物性蛋白質の働きで、脂肪を燃焼しやすくするからです。

それ以外に豆乳を飲むことで腸の中の脂肪や糖質の吸収を緩和する働きや便秘の改善(整腸作用)も期待できるからです。

また、豆乳の成分として有名なのがイソフラボン。イソフラボンは、女性ホルモンに近い働きをしてくれます。

ダイエットをしている無理な食生活などから女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことも。そんな時にイソフラボンは女性ホルモンのバランスを整えてくれて太りにくくしてくれます。

イソフラボンには胸を大きくする効果もあるので、痩せても胸の大きさを保ってくれる女子に嬉しいダイエット効果があります。

豆乳ヨーグルトのダイエットに嬉しい効果の一つは腹持ちがいいこと(消化が遅いこと)です。

ゆるやかに消化されるため、間食や食前に豆乳ヨーグルト食べると食欲を抑えることができるのです。

【ポイント】

  • 脂肪燃焼効果で痩せやすい
  • 整腸作用も期待できる
  • 女性ホルモンに似た働きも期待できる

ガセリ菌の長所

次にガセリ菌SP株の紹介ですが、ガセリ菌は元々小腸の中に住んでいる小腸由来の乳酸菌です。

ガセリ菌には内臓脂肪を低減させてくれる効果があるということです。

過去に「雪印乳業と日本ミルクコミュニティ、九州大学ら」の研究発表データで証明されています。

肥満傾向にある人が12週間接種した結果、内情脂肪量が有意に減少。皮下脂肪面積、体重、BMI、ウエスト周囲、ヒップ周囲も減少しています。

また、ガセリ菌には腸への定着性があります。ガセリ菌は元々小腸に住む菌ですが、それを摂取してから約2週間~長くは1カ月もの長い間、腸で生き続け善玉菌として身体のために働いてくれます。

つまり、効果が一時的なものではなく継続的に期待できます。正にダイエットにぴったりの食事となります。

【ポイント】

  • 内臓脂肪を減少させてくれる効果が期待できる
  • 善玉菌として活躍してくれる
  • 効果が継続的に期待できる

豆乳ヨーグルトの作り方

それでは、最後に豆乳ヨーグルトの作り方をご紹介します。

まず、無調整の有機豆乳を1パックとガセリ菌SP株入りヨーグルトを1本用意します。

いろいろな豆乳で試してみましたが、個人的にはスジャータの豆腐も作れるという豆乳が一番美味しくできると思っています。

無調整の有機豆乳パックの蓋を開け、ガセリ菌SP株入りヨーグルトを流し込みます。

しっかり振って、そのまま常温で放置しておきます。春の時期なら24時間程度、夏になれば半日でも大丈夫でしょう。

寒くなり始めたら寝る前にパックを炊飯器の上に置いて寝れば起きたらできています。パックを振ってみてネットリしたら完成です(笑)

後は、お好みのフルーツやジャムと一緒においしくお召し上がりください。

乳酸菌などの栄養機能食品をかけて食べると健康的においしくいただけます。1日に200ml程度が目安です。

【ポイント】

  • 他の豆乳でもできるが味が変わる
  • 最低限の熱が加わらないと菌が繁殖できない
  • 腹持ちがいいので、夕方のおやつにお勧め

タイトルとURLをコピーしました